富士市の外壁塗装、屋根塗装、節電塗装、断熱塗装、遮熱塗装、雨漏り診断、雨漏り調査、雨漏り修理ならエバーグリーン・富士市、沼津市、長泉町、三島市、裾野市、御殿場市、清水町、富士宮市

トップページに戻る メールでのお問い合わせはこちら 困った雨漏り止めます! 代表山本 小林さん 土屋君 セイヤ君 前島君 池田君 職人紹介

お肌と同じように、お家も紫外線対策が必要な時代です。

地球に降り注ぐ紫外線の量は、増加傾向です。紫外線が増加し、浴びすぎてしまうと人体にさまざまな悪影響を及ぼすことがわかってきた中、紫外線対策をされている方も多いと思います。

私たちの生活は、住まいによって守られているといえます。 その住まいは、屋根や外壁に守られているわけですが、屋根材や外壁材を雨や紫外線から守っているのが1ミリにも満たない薄い塗膜なのです。

この塗膜には寿命(耐用年数)があり、新築時に使用されている塗料で5~6年、現在新しく開発されているフッ素樹脂塗料※でも15年前後といえます。

それに対し日本のお家の平均寿命はおおよそ30年、このお家の建材を保護している塗膜が劣化し痛んでしまうと屋根材や外壁材などが直接雨や紫外線を受けてしまうことなり、住まいの構造体の劣化や雨漏りの要因ともなってしまいます。

ゆえに、お住まいを守っていくためには、お家の一生の間に2~3回、表層の塗膜の寿命に応じて屋根材や外壁材の「塗り替え」が必要となってくるのです。

そして、この塗り替えによって、新しくお家を彩ることが出来ます。 これは、単に建物を保護するに留まらず、外壁や屋根はもとよりやバルコニー廻りや玄関周りなど好きな色にチェンジすることができ、お住まいやお住まいのご家族にとって、きっと大きな付加価値を与えてくれることでしょう。

そして、この塗り替えは、色彩が心に与える影響を笑顔に利用することで、より幸せ効果を発揮することが出来るでしょう。

塗り替え時期の目安について

では、定期的と申し上げましたが、いったいどの程度のタイミングでメンテナンスが必要なのか見ていきましょう。下表は、それぞれの素材(部位)の種類に応じたおおまかなメンテナンスサイクルの期間です。
なお、実際には紫外線のよくあたる南側や直射日光に当たりづらい北側など、同じ建物であっても面によって劣化の進行度が異なってきますし、風の通りやすい場所や湿気のこもり易い場所など、状況によっても異なってまいります。

メンテナンスサイクル
外壁:吹き付け 5~10年
外壁:サイデイング 10年
外壁:ALCパネル 10年
屋根:ガルバニウム 10~20年
屋根:スレート(コロニアル) 10年
木部 3~5年
鉄部 3~5年

塗り替えの最適な時期について

塗膜の劣化の仕方は通常下記のような順序で起こってきます。

  1. 艶が落ちてくる
  2. 色の彩度が落ち変色してくる
  3. 表面が粉っぽくなってくる(チョーキング現象)
  4. ひび割れ、コケが生えてくる
  5. 塗膜が剥がれてくる

塗り替えは、早いに越したことはありませんので、4の段階以前が最適な時期といえますが、費用対効果の視点から、遅くても5の段階より前が良いでしょう。

5の段階になると、住まいを形成している素材自体がそのまま外部の環境にさらされている状態になるので、建物自体の劣化にもつながります。素材自体の劣化や腐食となってしまいますと、塗り替える為には、劣化素材の交換や余分な下地処理が必要になり、その工程に応じて費用がかかってしまいます。 また、鉄部や木部は外壁や屋根に比べて劣化の進行が早いので、少しでも剥がれたらご自身で補修塗装しておくことが、費用をかけずに長持ちさせる秘訣になります。

お問い合わせはこちら
こちらをクリック
ブログ・塗りかえやエバーグリーンやまちゃんの日記 ブログ・施工事例 創業物語 雨漏りはまかせろ エバグリ7つの魅力 塗魂ペインターズ 求人 日本塗装名人会 住宅かし(瑕疵)保険の日本住宅保証検査機構